楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

%e3%81%84%e3%82%82%e5%91%b3%e5%99%8c

いも味噌バター鍋

じゃがいもとさつまいもを使ったビタミンCたっぷりの鍋は
バターといもの相性の良さを実感できる洋風の味。
さっと煮込んだクレソンの存在感も刺激になります。

作り方

  1. じゃがいもは1cm幅の半月切り、さつまいもは1cm幅の輪切りにし、それぞれ水に3分くらい浸して水気をきる。玉ねぎは1cm幅のくし切りにする。クレソンはざく切りにし、軸の固い部分は斜め切りにする。鶏もも肉は一口大に切る。Aは混ぜておく。
  2. 鍋にバターの半量を入れて熱し、バターが溶けたら鶏肉と玉ねぎを入れて炒める。鶏肉の表面に焼き色がついたら、じゃがいも、さつまいも、Bを入れ、煮立ったら弱火にしてふたをし、ときどきアクを取り除きながら5分くらい煮る。
  3. クレソンとAを入れ、さっと煮て残りのバターをのせ、バターが全体になじんだらいただく。

材料(1人分)

    • じゃがいも・・・1/2個 
    • さつまいも・・・1/4個
    • 鶏もも肉・・・60g
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • クレソン・・・5本
    • A[酒・・・大さじ2 味噌・・・大さじ1] B[水・・・300ml コンソメスープの素・・・小さじ1/2]
    • バター・・・10g

じゃがいもとおくら

じゃがいもとおくらのトマト煮

加熱しても壊れにくいビタミンCをたっぷりとふくむじゃがいもは、
ストレスに抵抗力をもつアミノ酸のギャバやカリウムをふくむ、ストレスで疲れた心身を癒す野菜です。
おくらと一緒に、ほんのりスパイシーでエスニックな感覚のスープ煮で。

作り方

  1. 豚ロース肉は一口大に切り、塩、こしょうをふる。玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。おくらはヘタを取る。
  2. 別の鍋にじゃがいもとかぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰したら弱めの中火で10分くらいゆで、竹串がスッと通るようになったらざるにあげ、皮をむく。同じ湯でおくらをさっとゆでて水気をきり、2等分に斜め切りにする。
  3. 3にじゃがいもとおくらを入れてさっと混ぜる。

材料(2人分)

    • じゃがいも(小)・・・2個
    • 豚ロース肉(ブロック)・・・150g
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • おくら・・・6本
    • ホールトマト(缶詰)・・・300ml
    • にんにく・・・1/2カケ
    • 唐辛子(輪切り)・・・少々
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • A[白ワイン・・・50ml ウスターソース・・・小さじ1 砂糖、コンソメスープの素・・・各小さじ1/2 塩、こしょう・・・各少々]
    • オリーブオイル・・・小さじ1

_FXE3336

根菜のけんちん汁

根菜メインのけんちん汁は、ヘルシーなのにボリュームも十分で食べ応えあり。
素朴な風味で心身が癒され、しっかり味うことで腸内環境も整えられます。

作り方

  1. 根菜類は小さめの乱切りにし、ごぼうとれんこんは水(分量外)に3分くらい浸して水気をきる。木綿豆腐は水きりする。油揚げは熱湯を回しかけて余分な油を取り除き、5mm幅の短冊切りにする。
  2. 鍋にごま油をひいて熱し、じゃがいも以外の根菜類を入れて1分くらい炒め、Aを加える。煮立ったらふたをして弱火にし、ときどきアクを取り除きながら10分くらい煮込む。
  3. 根菜類がやわらかくなったら、じゃがいもと油揚げを加えてさらに5分くらい煮、しょうゆと塩で味をととのえ、豆腐を崩しながら加える。再び煮立ったら火を止め、器に盛って青ねぎをちらす。

材料(2人分)

    • にんじん、大根、ごぼう、れんこん、じゃがいもなどの根菜・・・150g
    • 木綿豆腐・・・150g
    • 油揚げ・・・1/2枚
    • しょうゆ・・・大さじ1/2
    • 塩・・・少々
    • A[水・・・500ml 和風だしの素・・・小さじ1/2]
    • ごま油・・・小さじ1
    • 青ねぎ(小口切り)・・・大さじ1/2