楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

根菜の蒸しサラダ

根菜ってこんなに甘かったの?と再認識できるサラダです。
蒸すだけのシンプルな調理法で、根菜の豊かな個性が味わえます。

作り方

  1. ごぼう、大根、にんじん、れんこんは一口大の乱切りにする。
  2. 器に野菜を入れ、湯気のたった蒸し器で15分くらい蒸し、野菜を取り出して別の器に盛る。
  3. 器に残った汁にオリーブオイルを加えて混ぜ、塩、こしょうで味をととのえ、野菜にかける。

材料(2人分)

    • ごぼう・・・1/2本
    • 大根・・・3cm
    • にんじん・・・5cm
    • れんこん・・・3cm
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • オリーブオイル・・・大さじ1/2

大根としゃけの粕汁

お腹の芯から温まる粕汁で、大根としゃけの相性の良さを実感。
酒粕はカラダを温める働きがあるので寒い日の味噌汁や汁物に積極的に入れたい。

作り方

  1. 大根は5mm厚のいちょう切りにする。しゃけは食べやすい大きさに切る。酒粕は水(50ml)で溶く。油揚げは熱湯を回しかけ、余分な油を取り除いてから1cm幅の短冊に切る。
  2. 鍋に残りの水と和風だしの素と大根を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして、アクを取りのぞきながら大根に竹串が通るまで煮る。
  3. 2にしゃけと油揚げと酒糟とAを加えて煮込み、塩で味をととのえる。

材料(2人分)

    • 大根・・・5cm
    • しゃけ(甘塩)・・・1切れ
    • 油揚げ・・・1/2枚
    • 酒粕・・・50g
    • 水・・・400ml
    • 和風だしの素・・・小さじ1/2
    • A[酒、みりん・・・各大さじ1 しょうゆ・・・小さじ1]
    • 塩・・・適量

さつまいも汁

カラダ温め効果の高い根菜をたっぷり入れた具だくさん汁でポカポカに。

作り方

  1. さつまいも皮をむかずに5mm厚のいちょう切りにする。にんじんと大根は皮をむいて5mm厚のいちょう切りにする。鶏もも肉は一口大に切る。こんにゃくは短冊切りにしてから湯通しする。
  2. 鍋にごま油をひいて熱し、鶏肉を入れて炒め、鶏肉の色が変わったら野菜とこんにゃくを加えてさっと炒める。
  3. 2に水と和風だしの素を入れて煮込み、野菜がやわらかくなったら味噌を加えて味をととのえ、青ねぎをちらす。

材料(2人分)

    • さつまも・・・1/2本
    • 鶏もも肉・・・100g
    • にんじん・・・5cm
    • 大根・・・3cm
    • こんにゃく・・・50g
    • 味噌・・・大さじ1と1/2
    • 水・・・500ml
    • 和風だしの素・・・小さじ1/2
    • ごま油・・・小さじ1
    • 青ねぎ(小口切り)・・・大さじ1/2

根菜の味噌炊き込みご飯

スライスした根菜を味噌で炊き込んだご飯は、甘みとほんのりとした塩味がおいしい。
大根から水分が出るので、水は少なめで。

作り方

  1. にんじんと大根とごぼうはピーラーなどでスライスする。れんこんは薄くいちょう切りにする。油揚げは熱湯をかけ余分な油を除いてから5mm幅の短冊に切る。しいたけはスライスする。米は洗ってざるにあげ、30分以上おく。味噌は水で溶く。
  2. 炊飯器に胚芽米を入れ、味噌(水ごと)を入れ、すべての具を入れて炊く。
  3. 器にご飯を盛り、青ねぎをちらす。

材料(2人分)

    • にんじん・・・1/2本
    • 大根・・・3cm
    • ごぼう・・・10cm
    • れんこん・・・3cm
    • 胚芽米・・・1合
    • 油揚げ・・・1/2枚
    • しいたけ・・・1枚
    • 水・・・160ml
    • 味噌・・・大さじ2
    • 青ねぎ(小口切り)・・・大さじ1

にんじんと大根のバジルサラダ

食物繊維がたっぷりで、腸を元気に。バジルの刺激でエネルギーをチャージ。

作り方

  1. にんじんと大根は5cmくらいの長さのせん切りにして、塩をふり5分くらいおいてから水気をしぼる。バジルの葉はせん切りにする。Aは混ぜる。
  2. ボウルににんじんと大根とAを入れて混ぜ、バジルを加えて和える。
  3. 3にAを入れて汁気がなくなるまで炒り煮にし、白ごまをふりかける。

材料(2人分)

    • にんじん・・・1本
    • 大根・・・5cm
    • バジルの葉・・・10枚
    • 塩・・・少々
    • A[オリーブオイル、酢・・・各大さじ2 粒マスタード・・・大さじ1/2 塩・・・小さじ1/3 砂糖・・・少々]

根菜のピクルス

根菜を手軽に毎日の食卓に!ピリ辛酸味で元気のでる食物繊維たっぷりの保存食。

作り方

  1. れんこん以外の野菜を3~5cmくらいの長さに切る。れんこんは5mm厚くらいの半月切りにする。
  2. すべての野菜を湯通しして水気をきる。
  3. ごぼうとれんこんに焼き色がついたら、玉ねぎとにんじんとベーコンを加えて炒める。
  4. 鍋にAを入れて煮立ったら火を止め、冷ます。
  5. 3に2の野菜の水気をふいて漬ける。

(作りやすい分量)

    • ごぼう・・・1/2本
    • にんじん・・・5cm
    • れんこん・・・5cm
    • 大根・・・3cm
    • A[ローリエ・・・1枚(なくても可) 唐辛子・・・1本 水・・・150ml 酢・・・150ml ハチミツ・・・50ml 塩・・・小さじ1 粒こしょう・・・10粒]

根菜の中華風混ぜご飯

たっぷりと根菜がいただける混ぜご飯です。
シャキシャキしたレンコンの歯ごたえと中華おこわ的な風味が豊かな、満足感の高いおかずご飯です。

作り方

    1. 根菜とシイタケ、油揚げは8mm角くらいに切る。
    2. フライパンにゴマ油を熱し、1を入れて炒め、おろし生姜と調味料を加えて汁気を飛ばすように炒める。
    3. ボウルに炊きあがった玄米ご飯を入れ、汁気ときった2とゴマを加えてさっくりと混ぜる。

 

材料(2人分)

    • 玄米ご飯・・・1.5杯分
    • 根菜(ニンジン、ゴボウ、レンコン、ダイコン)・・・各40gくらい
    • シイタケ・・・1個
    • 油揚げ・・・1/2枚
    • ゴマ油・・・適量
    • おろし生姜・・小さじ1/2
    • しょう油、オイスターソース、酒・・・各大さじ1
    • 塩・・・適量
    • ゴマ・・・適量

根菜の豆乳カレー鍋

根菜をたっぷりいただけるカレー鍋です。豆乳を使うので味がまろやか。ネギや白菜などお好みのお野菜も入れてください。

作り方

    1. ゴボウとダイコン、ニンジンは少し太めのせん切りに、鶏肉は一口大に切る。
    2. 根菜はさっと茹でて水気をきる。
    3. 鍋にサラダ油とニンニク、ショウガを熱し、香りがたったら鶏肉を入れて炒め、カレー粉を加えてさらに炒める。

 

材料(2人分)

  • ゴボウ・ダイコン・ニンジン・・・各80g
  • 油揚げ・・・1枚
  • 鶏肉・・・80g
  • 昆布だし・・・150cc
  • 豆乳・・・150cc
  • ニンニク・ショウガ(おろしで)・・・各小さじ1/2
  • カレー粉・・・大さじ1
  • サラダ油・・・適量
  • しょう油・みりん・・・各小さじ1
  • 塩・こしょう・・・適量

ダイコンと油揚げの中華風おこわ

ダイコンの甘みが引き立つ炊き込みご飯です。たっぷりのダイコンでボリューム感がでるので、少量で満腹感が味わえます。

作り方

  1. ダイコンは1cmくらいの角切りに、シイタケと油揚げはスライスしておく。
  2. 研いだ米に餅米を加え、1を入れ、チキンスープと調味料、ゴマ油を加えて炊く。
  3. お好みで白ゴマを散らしていただく。

材料(作りやすい分量)

  • 米・・・1合
  • 餅米・・・大さじ1
  • ダイコン・・・50g
  • 油揚げ・・・1/2枚
  • シイタケ・・・2枚
  • しょう油、酒、みりん、オイスターソース・・・各大さじ1/2
  • チキンスープ・・・220cc・
  • ゴマ油・・・少々
  • 白ゴマ・・・適量

キノコとダイコンのローフード風

免疫力を高め、代謝をアップするキノコを生でいただく、ローフード風の和え物です。少量のつけ汁でも、キノコとダイコンから水分がでるので、なめらかな味になります。アガベシロップは、竜舌蘭から採取されたナチュラルな甘味料。少量で甘みを得られるばかりでなく、血糖値が上がりにくいので、ローフードの甘味料として人気があります。クセのない甘みが、クセになります。

作り方

  1. シイタケはスライス、ダイコンはピーラーで薄に切っておく。
  2. ボールにしょう油、おろしショウガの汁、アガベシロップなどの甘みを入れて混ぜ、1を入れてさっくりと合わせ、しばらくおく。

材料(作りやすい分量)

  • キノコ・・・60g
  • ダイコン・・・60g
  • しょう油・・・大さじ1
  • ショウガの汁・・・小さじ1/2
  • アガベシロップなどの甘味料(なければ蜂蜜)・・・大さじ1