楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

ムリしない、我慢しない、がんばらない『ゆるっと糖質オフご飯』(笠倉出版社刊)発売中

ムリしない、我慢しない、がんばらない『ゆるっと糖質オフご飯』(笠倉出版社刊)が発売されました。

ダイエット効果が高い食事法として注目されている「糖質オフ」の食事法。
ただ、極端な糖質制限を続けていると、心身に不調を起こすこともあって、危険です。

 

一般的には、ムリをしないゆるやかな糖質制限がオススメです。
今回は、管理栄養士の野口律奈先生に「ゆるやかに糖質制限の食生活を続ける」ためのアドバイスもいただいています。

レシピでは、糖質制限をヘルシーに続けるために、不足しがちな食物繊維や良質のたんぱく質をとりやすい、野菜や豆腐などのつくりおきや
簡単に作れる野菜の副菜などを多数ご紹介しています。

 

また、糖質制限中でも食べたい揚げ物やグラタンなどのアイデアレシピや、
ご飯や麺のかさ増しレシピなどをご紹介しています。

 

ヘルシーなスローダイエットを続けるために、参考にしていただけたら嬉しい!です。

4月のテーマは「乾物使いのスープでスローダイエット」

4月のテーマは「乾物使いのスープでスローダイエット」

 

乾物を普段から使っていますか?

 

実は、もう一品つくりたいな〜というときに便利なのが乾物。
古くから伝わる日本の伝統的な保存食です。

 

乾物のいいところは、水分を抜いて入るので、常温で長期間保存できるということ。
そして、天日乾燥することで、栄養価やうまみがギュッと凝縮されている、ということです。
たとえば、切干大根の場合、食物繊維やカルシウム、鉄分が生の大根の10倍以上にもなります。

 

そんなときこそ、食事をバランスよく摂ることが大切です。
というのも、食事をすると、胃腸の分泌が高まり、副交感神経を優位にして、リラックス状態に導いてくれるからです。

 

ほとんどの乾物は、戻して使うので、慣れていないと、そのひと手間が面倒!と思いがちですが、
スープや煮ものなら、鍋に水と一緒に入れて、もどったら、火にかけたり、
煮ながら戻すこともできるので、実は手間いらずです

 

そこで、今月オススメするのは、水煮缶を使って手軽に作れる
栄養バランスのいいスープたち。
水煮缶を使うので、魚介類の具の下準備をする必要がなく、
忙しいときでも、時短調理をすることができます。

 

切り干し大根や干ししいたけなどは、戻し汁にうま味がたっぷりとしみ出しているので、
だしやスープの素を使わなくても、うま味を十分味わえます。

 

しかも、ほとんどの乾物はよく噛む食材でもあるので、
早食いによる食べ過ぎを抑えることにもつながっていきます。

 

乾物を使ったスープで、おいしくスローダイエットを。

 


干ししいたけとじゃこの卵汁

 


海藻ミックスと雑穀のスープ

 


海藻ミックスのごま風味スープ

 


切り干し大根のきざみスープ

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ「心とカラダがととのう 毎日スープ」、「元気をつくる楽々野菜レシピ」、「からだにやさしい楽々きのこレシピ」
撮影:大垣善昭